輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

【臨時休業の予定】

6月7~9日は臨時休業となります。

【営業時間及び休業日変更のお知らせ】

平成30年10月1日より以下の通りに営業時間及び休業日が変更となりました。

営業時間:(平日) 午前11時~午後7時

(土、日)午前10時~午後7時

休業日: 毎週火、水、祝祭日

何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

【修理の受付について】

現在、作業が混みあっている為、修理は予約にての受付になります。

トピックス

オイル漏れ修理

BSA C15

今回はオイル漏れの修理をしました。
このバイク、排気量250ccで非常にコンパクトなエンジンの割にはオイル系統が複雑です。
エンジンオイル、ミッションオイル、プライマリーオイルとしっかり3系統が独立していて、
それぞれの部屋に分かれています。
その上で、エンジンオイルはドライサンプになってます。つまり外部にオイルタンクがあるのです。
という事でオイル漏れを起こしそうな場所がたくさんあるという事です(笑)

BSA C15

今回は徹底的にそれらのオイル漏れを潰しました。
一系統毎に漏れの箇所を拾いながら、車体の姿勢を変えたりしながら(油面が変わるので)
と結構大変でした。
ついでにこの車両はガソリンコックからのガソリン漏れもありました。
こいつの修理もちょっと厄介です。
通常、ガソリン系統のパッキンはNBRと呼ばれるガソリンに強い二トリルゴムで出来ています。
今回もこのゴムで成型したガソリンコックのパッキンを作って対処したのですが、
ガソリンコックの内部形状との相性が悪くなかなか上手くいきませんでした。

BSA C15

写真でもわかる通り、コックが特殊な形です。
パッキンのスライドする円筒の側面にガソリン通路の穴があいているため、
どうしてもゴムが穴に引っかかってしまいます。
パッキンの外径を変えながら調節しても上手く行かず困り果てた挙句。。。。
もともと使われていた材料

コルクパッキン

コルクを使いました。
素材がボソボソしているので加工が大変でしたが、結果的には上手く作動するようになりました。
なかなかバカに出来ない素材ですね。再認識させられました。

紹介されました

別冊モーターサイクリスト(4月号)でお店の紹介記事が載りました。

モーターサイクリスト

転倒しました!

久しぶりに転んでしまいました
フロントからです。
交差点だったけど、夜遅くで人がいなかったのが救い。
それにしてもアッサリ滑りました。フロントタイヤ。
それほど寝かせてなかったんですけどね、
ザザザッーて音が聞こえた時は体が反応してました(笑)
やっぱり十年物のタイヤじゃそんなもんですかね、チャリといえども。。。
何十年ぶりに自転車でころんで擦りむいたひざ小僧を見てたら、
生傷が絶えなかった少年時代を思い出してしばしタイムスリップしてしまいました。

Page 1 of 2 1 2 »