輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

【臨時休業の予定】

現在は臨時休業の予定はありません。

【修理の受付について】

作業が混みあっている為、修理は予約にての受付になります。

トピックス

Z1 エンジンO/H その4

Z1 エンジンオーバーホール

バルブガイドを打ち変えたらリーマー通しという作業で
新品ガイドの内面を削ります。
なぜ削る必要があるかと言うと、ヘッドに打ち込まれた
バルブガイドはきつく締め付けられて、内径が小さくなってしまうからです。
そこで穴寸法を出せるリーマーという工具を使って削ります。
しかし、刃に掛かる圧力が高い(内径が小さい)時は問題無いのですが、
ある程度からは刃が逃げ始めて削れなくなってくる場合があります。
その状態でもバルブは問題なく通るのですが、クリアランス不足で
あとからバルブステムの焼き付きのトラブルが起こる事があります。

Z1 エンジンオーバーホール

これは古いバルブでガイドをラッピングしているところです。
ラッピングしながらリーマーを通し、同じ抵抗で通り抜ける
ようになるまで繰り返します。
こうすることでリーマーがゲージ代わりになって正確な穴寸法が得られ、、
クリアランス不足の焼き付きを防ぐ事が出来ます。
そして以上の作業を、なるべくバルブシートとの
直角が出るように力を加減しながら進めます。
手作業で手間が掛かりますが、バルブシートの修正が最小限で済み、
圧縮圧力の低下やバラつきを抑える事ができます。

Z1 エンジンO/H その3

Z1 エンジンオーバーホール

例のスリーブが圧入&ボーリングされて帰ってきました。
かなり分厚いです(笑)
スリーブとシリンダーブロックのスキマをコーキングします。
オリジナルだとここにはオーリングが入るんですが、
効果を発揮する寿命が短いので、シリコンで溝を埋めます。

Z1 エンジンオーバーホール

ハミでた分を落として綺麗に仕上げました。結構手間かかります(笑)
通常ならこんなに手間をかけなくても大丈夫ですが、
今回はシリンダーブロックをボーリングしているのでこの方法です。
シリンダースリーブと違い、シリンダーブロックはそもそも
ボーリングを想定して作られていません。
なので、ボーリングすると予想外の事が起こる場合があります。
内側の切削面に、それまで隠れていた鋳造時のス(小さい穴)が現れて、
内側と外側を繋げてしまい、変な所からのオイル漏れの原因になったりします。
組んだ後ではうまく対処しずらいので、事前にココを封鎖しておくのです。

Z1エンジンO/H その2

Z1 エンジンオーバーホール

バルブガイドは消耗品です。
ヘッドが暖まっているウチに新しいガイドを打ち込めば手間が少ないですが、
今回はいろいろ加工を施すので抜いた状態から冷まします。

Z1 エンジンオーバーホール

ポートを整える為の加工をします。
いわゆるポーティングです。拡大加工はしません。整えるだけです。
このヘッドはバルブガイドが無い状態でのポーティングが効率的です。

Z1 エンジンオーバーホール

たくさん積もっているカーボンを削り落とし、鋳肌のザラザラを削り、
カタチを合わせながら・・・・と軽くやるつもりがついつい・・・・・
このあとオーバーサイズのバルブガイドを入れる為にボーリングを依頼します。

Z1 エンジンオーバーホール

見えない所だけど、せっかくオーバーホールをするなら少しでも
調子の良いエンジンにしてあげたいところですね。
一旦加工すれば、調子良さは長く味わえるわけですから。

Page 1 of 2 1 2 »