輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

<strong>【臨時休業の予定】</strong>

6月7~9日は臨時休業となります。

<strong>【営業時間及び休業日変更のお知らせ】</strong>

平成30年10月1日より以下の通りに営業時間及び休業日が変更となりました。

営業時間:(平日) 午前11時~午後7時
<p style="text-indent: 5em">(土、日)午前10時~午後7時</p>
<p style="text-indent: 1em"> 休業日: 毎週火、水、祝祭日</p>
何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

<strong>【修理の受付について】</strong>

<span style="font-size: small;">現在、作業が混みあっている為、修理は予約にての受付になります。</span>

トピックス

キャラクター重視

CB1300SF

初代から大きいバイクというイメージで作られてたこの旧CB1300SFは、
どちらかというとイメージ重視で、軽快に走るのは苦手なバイクです。
1300CCという排気量のわりには荒々しさを抑えたエンジン特性と、
車格を大きく見せる為の太いタイヤなどとが相まって、
活発に走る事は苦手な印象でした。
良く言えば風格のあるスタイルと安定した走り。悪く言えば、走る事自体に
面白みを感じ難い・・・と言う印象のバイクでした。(あくまで個人の印象です)
この車両は、オーナーの好みにより、走りの楽しさをプラスさせるためのモディファイを
いくつか施しています。

CB1300SF

比較的新しい年式のわりにはFCR換装の効果を期待できる車両です。
STDでは穏やかな特性を狙っていたのでしょう。
抜けの良いマフラーと相まって、パワースライドも可能?な元気の良さが出ました。
これだけでもバイクが軽くなった印象を受けます。
マフラーの軽さがそれに拍車をかけます。
因みにこの車両のSTDフロントブレーキは非常に良いフィーリングです。
一代前の6ピストンのキャリパーから4ピストンの物に変わって、見違えるように
ブレーキフィーリングが向上しました。

つづく・・・・・

あるトラブル・・・ その2

K1100RS

万全の状態で納車、即ツーリング、という流れでした。が、
なんとすぐにフォークからのオイル漏れが始まってしまったとの連絡が入ったのです。
フォークシールはもちろん新品。試乗時確認した際も、
組み立て後のオイルが少量インナーチューブに残る程度でした。
しかし状況はかなり酷いらしく、多量のオイルが出てしまっていて、
しかも左右とも同じぐらいの状態との事でした。
これが片側だけならシールの取り付け不良かシール自体の不良が
考えられもしますが、左右共にとなると、なんとなくフォークの加工を
疑りたくなってしまいます。
いや、加工の精度云々ではなく、綺麗過ぎる面とオイルシールとの相性です。
あまりに滑らか過ぎる面はオイルシールに適していない事を専門書で
読んだ記憶があるからでした。
いずれにしても、今回の加工が関係していると思いたくなってしまいます。

K1100RS フォーク

車両が戻ってきて、早速原因を探って見ることにしました。
フォークシールを抜く際になるべく状態を変えたくないので、
プレスで油圧をかけて外しました。
外したシールをよく観察すると、リップ部が僅かに凹んでいるように
見えました。確認するために切断してみた写真がこれです。
本来は90度にL字型の金属環が曲がってしまっています。
オイル漏れの原因はこのシールの変形でした。
さて、ではこの変形の原因は何でしょうか?

K1100RS フォーク

原因のひとつはシールの金属環が非常に柔らかい事でした。
写真のように手で握ると簡単に潰れてしまいます。
比較の為、国産のオイルシールでも試して見ましたが、
こちらは力いっぱい握ってもビクともしませんでした。
ただ、マルゾッキは古いドカティでも使ってますが、
こちらでは同じような不具合は経験していません。
そしてもうひとつの原因は、フォークのハウジングの腐食です。
これはどんなバイクも古くなると起こり得る事ですが、
フォークのダストシールとオイルシールの間に水が浸入してしまって、
溜まった水がこの部分を腐食させてしまうというものです。
つまり、フォークシールを打ち込む際にハウジングの腐食した
ザラザラした面とそうでない面とで抵抗が違うので、
打ち込みの力が不均一にかかってしまい、その結果
金属環の内側が一部凹んでしまったという事なんだと思います。
しかし・・・フォークの腐食は決して珍しい事ではないのですが・・・・。
さて、原因がわかったところで、どう対処するかです。
同じ事を慎重にやり直してみたところで決定打とは思えないので、
今回は社外のシールを使う事にしました。
もちろん使う前に力いっぱい握りつぶしてみましたが、
こちらはビクともしませんでした(笑)。これなら安心です。
厚みが微妙に違うので、少々加工を加えて使用。一件落着です。

あるトラブル・・・・

K1100RS

車両はBMWのK1100RSというモデルです。
かれこれ15年ぐらい前のバイクですね。
さすがのBMWでもこれだけ古くなればあちこち痛みも出てきて当然です。
フロントフォークのインナーチューブも相当に錆が・・・・

K1100RS

・・・という訳でインナーチューブの再メッキ&コーティングです。
正立のインナーチューブといえどもさすがに純正パーツの値段は高い!
なので、この場合はコーティング費用まで含めてもリーズナブルです。
部品が生き返ったのでエコでもありますかね?(笑)
コーティングの終わったインナーチューブの表面はツルツルです。
レーサーのスペシャルといかないまでも素材の引き目は
かなり埋まってしまっているという印象です。
フォーク自体のオーバーホールと同時に加工したので
これはフォークの作動性も良くなる予感・・・・
ところが意外なトラブルが潜んでいました

続く