輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

<strong>【臨時休業の予定】</strong>

現在の所、臨時休業の予定はありません。

<strong>【営業時間及び休業日変更のお知らせ】</strong>

平成30年10月1日より以下の通りに営業時間及び休業日が変更となりました。

営業時間:(平日) 午前11時~午後7時
<p style="text-indent: 5em">(土、日)午前10時~午後7時</p>
<p style="text-indent: 1em"> 休業日: 毎週火、水、祝祭日</p>
何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

<strong>【修理の受付について】</strong>

<span style="font-size: small;">現在、作業が混みあっている為、修理は予約にての受付になります。</span>

トピックス

XR600R エンジンO/H

XR600R ヘッド

バルブ回りの分解をしてみると・・・

XR600R バルブ

インテーク側のバルブですが結構汚れています。

バルブ

一本はこんな感じで、

バルブ

もう一本はこんな感じ。
かなり汚れが厚く積もっている感じですね。
汚れの本体はガソリンの未燃成分や圧縮工程、爆発工程時に漏れて来た
吹き返しのスラッジなどです。

XR600R ヘッド

ヘッド側の写真です。
排気ガスが通るエキゾースト側(上側)の方が綺麗です。
下側のインテークポートはバルブ同様に汚れが目立ちます。

ヘッド

拡大してみるとこんな感じです。
エキゾースト側はガスの流れの模様が付いているのが見えますね。
ポートの中がザラザラして見えるのは鋳物の肌です。
カーボンなどの蓄積は殆ど無い状態です。
燃焼室にもカーボンが蓄積していますが、これは標準的な
汚れ具合と言えると思います。
何しろインテークポートの汚れが酷いです。
ここまで汚れる原因の一つにはバルブとシートの密着度の低下が
上げられます。

つづく・・・

XR600R エンジンO/H

XR600R エンジン

ホンダXR600Rのエンジンオーバーホールをしました。
このバイクは逆輸入車で、特にUS仕様は完全なレーシングマシンです。
二昔前ぐらいに「ロードゴーイングレーサー」なる言葉が使われましたが、
このバイクはまさにそれを地で行ってます。
パワフルで非常にパンチの効いたエンジンと軽量な車体の組み合わせで
乗っていて痛快ですが、反面、各部の寿命が短いです。

XR600 ヘッド

RFVCと呼ばれるバルブの放射レイアウトが良くわかりますね。
なので燃焼室も綺麗な球面形状です。
燃焼室の裏側の、排気ポートの上あたりは相当に高温になってます。
オイルのコゲで綺麗な?飴色になってます。
こうなるとブラシで擦っても落ちませんね。

XR600R ポート

インテークポート。マニフォールド付近は比較的綺麗です。

XR600R エキゾーストポート

エキゾースト側はさすがに汚れていますが、異常というほどではないです。
しかし良く見るとバルブガイドの周りにオイルスラッジが結構
こびりついています。
これは、高温によって劣化したバルブステムシールからエンジンオイル
が吸い出されて蓄積したものです。
このバイクでは比較的多い症状です。

つづく・・・