輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

<strong>【臨時休業の予定】</strong>

現在は臨時休業の予定はありません。

<strong>【修理の受付について】</strong>

<span style="font-size: small;">作業が混みあっている為、修理は予約にての受付になります。</span>

トピックス

RCBのピストン!?

ピストン

パーツナンバー13102-492-000なるピストンが持ち込まれました。
もしかしたら貴重なピストンかもしれないとの事。
現物を前にしてイロイロ調べましたが、このパーツナンバーが記載されて
いるズバリの資料が見つけられません。

RCB

数人の識者に聞いたところでは、RCBかRS1000用ではないかとの事で、
恐らく数種類あるとされるRCB用のいずれかのタイプだろうという結論には
なっていますが、、、
HONDAのパーツセンターには中番から推測すると3輪バギーだと言われました。
見るからにCB系なんですけどね。

CB1100RC

いずれにしてもヤル気のありそうな高圧縮なこのピストン。
フルレストアを待っているこのCB1100RCに組み込まれる予定です。
無加工では組めそうもないですが、HONDAオリジナルのチューニングパーツに
よってよりホットなエンジンに生まれ変わるのは間違いないでしょう。

XR250R足回りOH (その2)

RIMG0450

まずはリヤの足回りからバラしてゆきます。
この車両はかなり綺麗で程度が良さそうですが、
時間の経過による劣化は避けられないので
ひとつひとつのパーツを慎重にチェックしてゆきます。

RIMG0386

リヤサスのシリンダー内部です。
窒素ガスがオイルに溶け込んでいて、分解すると
シュワシュワ泡立ってきます。
時間の経ったリヤサスは殆どこの状態です。

RIMG0400

幸いロッドの錆なども無く、消耗部品の交換のみで復活できます。

RIMG0415

各部清掃と消耗部品を交換し、組立準備完了です。

RIMG0421

リヤサスのリンク回りも分解します。
この部分に使われているベアリングやカラーも点検します。
あまり頻繁に分解する箇所ではないので、消耗品は交換
する場合が殆どです。

RIMG0437

足回りのボルト、ナット類も洗浄し、

RIMG0453

キャリパーサポート回りも洗浄。

RIMG0408

スイングアームも丸洗い、ベアリング交換などを済ませ、リフレッシュしました。

XR250R足回りOH (その1)

XR250R
XR250R
ホンダXR250Rの足回りのメンテナンスのご依頼です。
XRシリーズといえば、4サイクルオフロードマシンの
代表格だったと言っていいでしょう。
国内モデルは純粋なレース専用車、逆輸入モデルはほぼ同じ仕様で
公道も走れるロードゴーイングレーサーでした。
XR250R
XR250R
同時期に、外観は似ているけれど構成されるパーツは違う、
そして、乗るとさらに違うXLRという純粋に公道用の
シリーズがありました。
エンジン回りで言えば、ハイコンプレッションのピストン、
リフト量の多いハイカムシャフト、大口径キャブレター、
大口径マフラー、オイルクーラーなどなどです。

Page 2 of 10 «1 2 3 4 5 ... 10 »