輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

<strong>【臨時休業の予定】</strong>

6月7~9日は臨時休業となります。

<strong>【営業時間及び休業日変更のお知らせ】</strong>

平成30年10月1日より以下の通りに営業時間及び休業日が変更となりました。

営業時間:(平日) 午前11時~午後7時
<p style="text-indent: 5em">(土、日)午前10時~午後7時</p>
<p style="text-indent: 1em"> 休業日: 毎週火、水、祝祭日</p>
何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

<strong>【修理の受付について】</strong>

<span style="font-size: small;">現在、作業が混みあっている為、修理は予約にての受付になります。</span>

トピックス

Z1 エンジン O/H その10

Z1 点火系

最後に点火系のモディファイを施します。
この車両はコンタクトブレーカーではなく、ダイナが付いていました。

Z1 点火系

切った貼った削ったでゼファー750用のピックアップを取り付けます。

Z1 点火系

点火タイミングを合わせる為に上死点を出しています。
それさえ判ればピックアップがどの位置についていても大丈夫です。

Z1 点火系

また切った貼ったでCDIユニットを装着します(笑)
点火系のハーネスを改造しますが、ついでにヒューズボックスを装着します。
もちろんそのためにはメインハーネスも改造して系統分けします。

Z1 点火系

これで機能系のワークはほぼ終了です。
これらのモディファイはオーナーと相談しながら進めました。
特にお店の定番改造メニューではありません(笑)

本年はこれが最後のエントリになります。
来年はもっと頻度を上げたいなと思っていますので
期待していてください(笑)

どうもありがとうございました。よいお年をお迎え下さい。

Z1 エンジンO/H その8

Z1 エンジンオーバーホール

腰上組み立ての準備としてリング合わせをしておきます。
今回はメーカー純正のオーバーサイズピストンと
オーバーサイズリングを使用するのでそれほど
神経質になる事はないですが、それでも各リングを
それぞれのシリンダーに挿入して、リングギャップを測ります。

Z1 エンジンオーバーホール

社外のピストンキット等を使う場合はこの測定でNGが
でる事があります。
そのほとんどの場合がリングギャップの過少です。
ギャップの過少はリングの膨張を吸収しきれずに、
シリンダーとのクリアランス不足を招きます。
その結果、最悪の場合はリングの焼き付きを起こしてしまいます。
何かの本なりを読めばこの事は書いてあるのですが、
やはり実際に経験してしまった事があるので
どんな場合でも手を抜く事はできませんね。

Z1 エンジンオーバーホール

ヘッド単体でタペットクリアランスをとっておきます。
腰下は先にフレームに載せてあるので手間をなるべく省きます。
でも当然ヘッドを組み込み後もタペットクリアランスの点検をします。
カムシャフトを押さえるホルダーにはバルブスプリングの反力がかかります。
また、その力は繰り返し応力としてボルトやネジ山に負担をかけます。
なので、ねじ山はヘリサート加工とし、ボルトは新品を使うようにします。

Z1 エンジンオーバーホール

オーバーサイズのスリーブに合わせてベースガスケットを加工します。
これで腰上を組み込む準備ができました。

筑波

筑波サーキット

久々に草レースで筑波サーキットへ行きました。
天気も良くて気持ちよかったです。

Page 1 of 2 1 2 »