輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

<strong>【臨時休業のお知らせ】</strong>

勝手ながら下記の日程で臨時休業を予定しております。

6月7日(金)~9日(日)

<strong>【修理受付についてのお知らせ】</strong>

現在、修理作業が大変混みあっていますので
新規の受付は予約のみとさせて頂いています。
何卒ご了承ください。

トピックス

R1100RT ミッション0/H その8

R1100RT
ミッションケースを取り付ける前にクランクシャフトのオイルシール
を交換しておきます。
R1100RT
お手製のジグで・・・・
R1100RT
打ち込みました。
クラッチ
まだいけそうだけれど、先々の事を考えてクラッチ版も交換します。
R1100RT
いろいろ組み込んで・・・
R1100RT
R1100RT
完成!

R1100RT ミッション0/H その7

ミッションオーバーホール

パーツも交換し終え、ミッションも組みあがり、これからケースの
組み立て・・・と行きたいところですが、
もう一つ面倒な事があります。

シム調整
(image)

それはミッションの各シャフトとケース間のクリアランスを調整
する為のシム調整です。

シム調整
(image)

マニュアルに従うと、こんな感じでプレートジグを取り付けて
組み立て寸法を採寸したり・・・・

シム調整
(image)

こんな感じでベアリングハウジングの深さを採寸したりして、
それらの数字を計算し、組み合わせるシムの厚みを選択します。

しかし、クリアランスをこういった方法で測定すると、どうしても
誤差が増えてしまいます。
いわゆる測定誤差と言うヤツです。
読み取り誤差、ジグ自身の精度、ジグの取り付け誤差
などなどが計算値に入り込んでしまいます。

クリアランス調整

そこで、今回は直接クリアランスを測るためにプラスチゲージを
使って採寸しました。

クリアランス調整

こんな感じで全で、組み合わせる予定のシムを使用して組み込んで、
クリアランスを実測します。
何も計算しません。簡単です。

ちょうど良いクリアランスが得られるまで作業を繰り返す
事が合理的では無いかもしれないですが、確実性は上がるの
ではと思ったりします。

実は・・・・ジグをもっていない。借りに行くのがメンドウ。
というのが本当の理由なので、単なる自己流でした(笑)
(因みにミッション組み換え前にこの測定方法で測定し、
結果の妥当性は一応検証しました)

R1100RT ミッション0/H その6

ミッションオーバーホール

これはインプットシャフトと呼ばれているパーツです。
縦置きクランク&シャフトドライブ型エンジン独特の
パーツと言えるかも知れません。
クランクシャフトからの動力をミッションへ伝える為のパーツです。
そしてただのシャフトではないのは写真でわかるとおり、
カムとスプリングが組み込まれています。
これは、回転運動を一時的にカムを介して直線運動に変え、
下についているスプリングでエネルギーを吸収し、ドライブ系の
ショックを和らげる為のものです。

しかし、ショックは和らぎますが、動力自体は方向を変える
だけで、少なくなるわけではありません。

ミッションオーバーホール

ベアリングのインナーレースの凹みがわかるでしょうか?

ミッションオーバーホール

こちらはギア側のベアリングに接する部分です。
これらはどちらも相当に硬いパーツですが、
それらを磨り減らせるほどの力が掛かっていると言うことです。

ミッションオーバーホール
(ref,largiader.com)

M97の初期型のミッション(左)はギアの内側に大きな面取りがしてあります。
これだとベアリングとの接触面積が小さく、応力が倍ぐらいになりそうです。

ミッションオーバーホール

(ref,largiader.com)

後期型では面取りが排除され、有効面積が増えたようですが、

実際には上のイラストのように面取りゼロということはありません。

今回の対策後と思われるM97でも上の写真のような状態なので、

やはり面積不足なのでしょう。