輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

<strong>【臨時休業の予定】</strong>

現在の所、臨時休業の予定はありません。

<strong>【営業時間及び休業日変更のお知らせ】</strong>

平成30年10月1日より以下の通りに営業時間及び休業日が変更となりました。

営業時間:(平日) 午前11時~午後7時
<p style="text-indent: 5em">(土、日)午前10時~午後7時</p>
<p style="text-indent: 1em"> 休業日: 毎週火、水、祝祭日</p>
何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

<strong>【修理の受付について】</strong>

<span style="font-size: small;">現在、作業が混みあっている為、修理は予約にての受付になります。</span>

トピックス

400SSのチェーン引き その2

折れタップ

これが取り出した「折れタップ」です。
世の中には折れたタップを外す工具なども存在しますが、
条件が悪ければそれを使っても取れません。
そんな場合は削って取る事になりますが、折れたボルトと違って、
タップの場合は材質が硬いです。

「ハイス」と言って、ドリルの刃と同じ材質を使っています。
同じ材質同士では削る事が出来ないので、「折れタップ」は
厄介なトラブルなんです。

ネジ山修理

今回は超硬の工具や砥石を使い、なるべくネジ穴を崩さないように
取り外す事が出来ました。

しかし・・・

ネジ山修理

このように、ネジ穴がかなり斜めになってしまっています。
折れていたのがヘリサート用のタップだったので、ネジ穴自体も
大きくなっています。
溶接で埋める作業でもしない限り6ミリボルトは使えない状態です。

ネジ山修理

そこで今回はスイングアームのネジ穴を使うのはやめました。
チェーン引きに加工してあったネジ穴を利用して、ナットを回して
調整する仕様に改造しました。
本来の状態ではなくなっていますが、機能は十分に果たしています。

400SSのチェーン引き

DUCATI 400SS

ドカティ400ssの全体的なメンテナンスのご依頼。
ほどほどに古い車両なので、オイル漏れやら滲みやら有り、
ラバーパーツの劣化有りなど、通常の劣化は一通り見受けられます。

400SS チェーン引き

ところが整備中に左のチェーンアジャスターに見慣れない異常を発見。
アジャストボルトが逆に?ついています。さて・・・

チェーン引き

アジャスターを外すとこうなっていました。
これではチェーンの調整が出来ません。
見た目に判らないだけで機能は死んでいます。

400SS スイングアーム

理由はコレでした。
本来はネジ穴になっているところですが、折れたタップが
入りっぱなしになっていました。

もともとこの部分のネジ穴とアジャストボルトは非常に膠着しやすいです。
腐食による膠着なので、グリスを塗っていれば防げますが、
何もしていない車両はよく膠着しています。
この車両も膠着があって、無理に回してボルトが折れてしまい、
折れたボルトを外そうともがいているうちに元の穴が崩れ、
最後にはドリルもタップも真っ直ぐに入らず、斜めに入った
タップが抜けずに折れてしまったのでしょう。

メカニックならば必ず通る試練ですが、このままにして
修理完了としたのはいただけませんね。

つづく