輸入車、国産車、旧車の修理、メンテナンス、カスタムの事なら八王子のクレバーハンズへ エンジン回りに強いショップです - CLEVER HANDS – since 1995

クレバーハンズからのお知らせ

<strong>【修理受付についてのお知らせ】</strong>

現在、修理作業が混みあっていますので
新規の受付は予約のみとさせて頂いています。
何卒ご了承ください。

トピックス

厚み0mm

アドレスV125

古いタイヤの交換の依頼でしたが、それよりもはるかに交換が必要な物がありました。

アドレスV125

ブレーキのディスクです。減り過ぎて厚みが0mmの部分があります。
クラックがほぼ一周に発生し、あと少しで分裂するところでした。
話を聞くと、摩耗限度を相当に超えた車両を購入してしまったようです。

IMG_1182

さすがにこれは状況を説明して交換させて頂きました。
現在は中古バイクの流通経路が多様化しているので車両によっては値段の幅も広がって手に入れ易くなっている反面、品質に関しては程度の良くない物も増えてきているように感じます。加えて中古車選びの際にも回りに相談できる人が居なかったりが重なると、今回のように初心者が非常に危険な車両に乗ってしまうケースが出てきてしまうのでしょう。

自分の命を預ける乗り物だけに、点検や整備にもっと関心を持ってバイクに接してもらいたいですね。

チャンピオンマシーン

ストマジ

往年のチャンピオンマシーンです。
といってもこれはストマジ(スズキ ストリートマジック)です。
スタイルはバイクですが、パワーユニットはスクーターという変わったバイクでした。

ストマジ

90年代の後半、まだ4メーカーに活気が残っていたころのスズキの遊び心を
反映したバイクです。
当時、このバイクのワンメークレースが開催されてました。
オーナーの熱意に押されるように、不慣れなスクーターチューンに
悪戦苦闘した覚えがあります。
その甲斐あってか、年間チャンピオンに輝いたマシンです。
その後何年も放置され、今は見る影も無い状態ですが。。。。
ストマジ
しかし、数年振りに我がファクトリーに戻ってきました。
オーナーも元のままです(体形は変わりましたが)
これからボチボチとレストアです。